1. ホーム
  2. 価格について

カビ取り価格をどこよりも分かりやすく

広さから計算できるカンタンお見積と現場を確認した後の最終お見積のポイントをご説明します。

カンタンお見積

カビ取りの価格を決めるメインのポイントからおおよその参考価格を計算することが出来ます。

 発生場所 「天井」と「壁面」に限定しております。       広さ 「m2」を使用します(1帖=1.62m2)。

天井のカビ取りの場合

広さを計算するためのイメージ図になります。

天井の広さは床の広さと同じですので、

16帖の部屋でだいたい25m2になります。

 

※ 計算内容(床の広さの求め方)

  1.62m2 ✕ 16帖 =25.92m2

  よって25m2くらいになります。


参考価格

2,000円/m2

※ カビ汚れの状況および施工環境で変動致します。

請負金額

30,000円~


早見表(基本例になります)

※ 基本例になります。カビ汚れの状況および施工のしやすさにより変動致します。

  天井の広さ
  25m2 50m2 100m2 150m2
参考価格 5万円~ 10万円~ 20万円~ 30万円~

壁面のカビ取りの場合

広さを計算するためのイメージ図になります。

壁面の広さは天井の広さの約3倍ですので、

8帖の部屋でだいたい40m2になります。

 

※ 計算内容(床の広さの求め方)

  1.62m2 ✕ 8帖 ✕ 3倍 = 38.8m2

  よって40m2くらいになります。


参考価格

1,500円/m2

※ カビ汚れの状況および施工環境で変動致します。

請負金額

30,000円~


早見表(基本例になります)

※ 基本例になります。カビ汚れの状況および施工のしやすさにより変動致します。

  壁面の広さ
  40m2 80m2 160m2 200m2
参考価格 6万円~ 12万円~ 24万円~ 30万円~

最終お見積(現場確認後)

カンタンお見積を基準に、現場でいくつかポイントを確認してから最終のお見積を提出します。

 

現場を見てからしか判断できないポイントです。

 

「作業のしにくさ」「カビの落としにくさ」を

それぞれ3段階の評価方法により判断します。


作業のしにくさ 評価レベル

Level.1 作業がスムーズに出来る

高さが2.7m以下で養生も少ないときは、カビ取り作業がスムーズに出来るため価格の変動はほとんどありません。

価格変動|+ ~500円/m2

Level.2 作業がしにくい

カビの発生場所が高所であるなど、環境によりカビ取りの作業がしにくい場合は価格が変動します。

価格変動|+ ~1,000円/m2

Level.3 非常に作業がしにくい

物の移動や広範囲の養生があるなど、カビ取り作業が非常にしにくい場合は価格が変動します。

価格変動|+ 1,000円~/m2

カビの落としにくさ 評価レベル

Level.1 落とすことが出来る

カビを落とす際の液剤使用量が普通(20m2当たり1L)のときは、価格の変動はほとんどありません。

価格変動|+ ~500円/m2

Level.2 落としにくい

カビの発生量が非常に多く、液剤の使用量が通常よりも多いと予想される場合、価格が変動します。

価格変動|+ ~1,000円/m2

Level.3 非常に落としにくい

カビの発生量が非常に多く、またカビが発生している素材が傷んでいる場合、価格が変動します。

価格変動|+ 1,000円~/m2

現場にて「作業のしにくさ」「カビの落としにくさ」を確認したあとに

最終お見積を提出させていただきます。

カビ取り価格を決めるポイント

BANsystemのカビ取りでは、価格決定の際に確認しておくポイントがあります。

 

カビ取りの価格を決定する際のポイントになります。

 

メインのポイントが分かれば「カンタンお見積」が計算できます。最終のお見積はカンタンお見積を基準に現場のポイントを確認してから提出になります。

 


必須ポイントの詳細

メインポイント

<カビ取り範囲の広さ>

カビを除去する範囲の合計平米数で計算します。8帖あたり天井面なら約13平米、壁面なら約40平米程度になります。

<カビの発生場所>

カビが発生している場所で価格が変動します。天井なら1平米あたり2,000円~、壁面なら1,500円~になります。


現場ポイント

<作業のしにくさ>

・カビが発生しているところが高所

・カビが発生しているところが狭い

・物を移動する必要がある

・水の使用が制限されている

<カビの発生場所>

・カビの発生量が非常に多い

・カビ以外の汚れが混在している

・素材がいたんでいる


その他(サブポイント)

・カビ取りの作業時間が限られている(作業時間が短いと作業人数を増やす必要があります)

・カビ取りの作業できる時間が夜間

・現場が遠方である